<   2009年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

チーズセミナー

                        今日もお出かけ。
             お泊まり仕事の後の連続お出かけは、体力消耗するなぁ。
                    とは言っても、好きなことだからね。


                     今日はviolaでチーズセミナー
             チーズブロフェッショナル協会の和泉さんのお話を聞きながら、
                     たっぷりチーズをいただきました。

e0188023_1457210.jpg

                    昨日も感じたけど、奥深いもんだね。
                      地理系が得意じゃないから、
                     産地とか気候とか憶えられない。
                 行ってみないと憶えられないものなんだろうね。

                前回は、たくさんの種類のチーズが並んだお皿が、
                    テーブル一面に並んでいたのですが、
                  今回はプレートで、取り分けていくスタイル。

e0188023_525172.jpg


                 セミナーのテーマがジュラからアルプスへ
                      ~山の恵をいただく~

                 イタリアとスイスの国境に近いとことろ。
                 ジュラ山脈からアルプス山脈にかけての
                  チーズを紹介していただきました。

e0188023_5391220.jpg

                   フォンティーナ Fontina(上)と
                 トム・ド・サヴォワ Tomme de Savoie

                  フォンティーナはイタリアのチーズで、
                私の大好きなボーフォールやアボンダンスの
                 裏側で造られているせいかやさしい味で、
                どこかボーフォールに似ているような気がする。

                トムは、もっと強い香りがした気がしたんだけど、
            カットしてあるせいか、ほかのチーズの香りの方が強いせいか
                     香りの印象は強くなかった。
               やさしくて素朴なんだけどうまみが凝縮していて、
                      このチーズも大好き。

e0188023_624414.jpg

           コンテ・エキストラ・アルパージュ Comte' Extra Alpageと
                      モルピエ Morbier(下)。

                    コンテファンは多いと聞くけれど、
                      ずっとコンテは苦手でした。
                    ボーフォール好きの私としては、
               ナッツのような味わいが、口に合わなかったんだろうな。

                 でも、ロドルフ・ムニエ氏のコンテを食べて
                 イメージが変わり、よく食べるようになった。
                    ムニエ氏のものが多いけど…。

                     モルビエはとっても久しぶり。
                      白ワインと一緒に食べて、
                マリアージュした時の感動が印象的なチーズ。
                   コンテの残りの乳で造られているせいか、
                       ウォッシュ系のせいか、
                  柔らかくやさしい味わいになっています。

e0188023_4342098.jpg

                         添えられたパンは、
                プレーン・クミン・カンパーニュ系のバケット3種類。
                     クミンのパンがすごくおいしかった。
                 パンだけを食べると、苦みが口に残る感じだけど、
                     チーズやワインによく合うんだろうね。

e0188023_621119.jpg

                  ブルー・ド・ジェックス Bler de Gex

                   昨日のセミナーでも登場したブルー。
                   ブルーらしくないやさしい味わいで、
                   どちらかというと物足りなさを感じる。
               これなら、ブルーじゃなくてもいいんじゃないかと…。

                 ブルーとモンドールは、カットする前のものを
                     プレゼンしていただきました。

e0188023_5252981.jpg

                   青カビを注入した線がくっきり見える。

e0188023_5255568.jpg

           ヴァシュラン・モン・ドール Vacherin Mont d'Or(スイス)(左)と
                   モン・ドール Mont d'Or(フランス)

e0188023_4302990.jpg

                フランス産は無殺菌乳で発酵しやすいけれど、
                   スイス産は殺菌乳で造られるため、
                      表面を何度も洗うんだって。
                 だからウォッシュのようにオレンジの表皮で、
                      においも強くなってるんだ。

               食べ比べると、トロトロさ加減は変わらないけれど、
                      スイス産の方が甘みが強い。

e0188023_431160.jpg

                          フォンドール

e0188023_542214.jpg

                    モンドールに白ワインを混ぜて
                     パン粉をふって焼いたもの。
                   お家でも試してみたことがるけれど、
                   あまりおいしくなかったイメージが…。
                    作り方がまずかったんだろうねぇ。
                      今日作っていただいたのは、
                     とても美味しくいただけました。
                  ただ、プレーンの方が私は好きだなぁ~。

e0188023_4312092.jpg


                    ワインは、チーズに合わせて
                  マスター石井さんがチョイスしくれました。

e0188023_447985.jpg

                         Villa Matilde
                Falerno del Massoco Bianco 2005
                       ITARIA Campania
                       ヴィッラ・マティルデ
                  ファレルノ・デル・マッシコ・ビアンコ 2005
                       イタリア カンパーニャ
                         (ファランギーナ)

               解説では、果実味があって…と言われていたけど、
           レモンやライムのかんきつ系のきりっとした酸を感じたんだけど…。

               今日の山のチーズほとんど白が合っていたように思う。
                    やさしい味のものが多いからかなぁ。

e0188023_4481462.jpg

                         Villa Matilde 
                  Falerno del Massico Ross 2004
                       ITARIA Campania
                        ヴィッラ・マティルデ
                   ファレルノ・デル・マッシコ・ロッソ 2004
                        イタリア カンパーニャ
                   (アリアニコ80% ピエディロッソ20%)

                   樽やバニラ、皮の香りがしたかな?
                       タンニンが割に強くって、
                     モンドールにはベストマッチ。
                        (特にスイス産。)

                  セミナーが終わった後も、少しおしゃべり。

e0188023_4563938.jpg

                 Fratelli Giacosa BAREBARESCO 2005
                       ITARIA Piemonte
                  フラテッリ・ジャコーザ バレバレスコ 2005
                       イタリア ピエモンテ
                         (ネッビオーロ)

                       先月のワインセミナーで、
                    ダントツおいしかったバレバレスコ。
                今月のメニューに載っていたので、迷わず選びました。

                   今日はチーズにワイン、堪能しました。
                   今年後半はセミナー続きだったので、 
                    しばらくおとなしくしなくっちゃね。

                       
[PR]
by moonwheat2 | 2009-11-29 22:54 | ちーず

チーズセミナー

                お昼過ぎから、かけもちのお出かけです。

                  三時から、ワイングロッサリーにて、
                     中級のチーズセミナー
                    フランスチーズ編に参加。

e0188023_744736.jpg

                      てっぺんから右回り。
             バノン、ルブロション、カンタル、ブルー・ド・ジェックス
             リヴァロ、ブリー・ド・ムラン、シャビシュー・デ・ポワトウ
              チーズのこと、わりと知ってるつもりだったけど、
                  いざ、目の前にチーズを出されて、
                 「なんだと思いますか?」という質問に、
               さっぱりわからない自分が情けなかったなぁ。

             産地によって、それぞれに特徴があるんだということ、
             特徴を生かした種類のチーズがあるんだということを
            ほとんど理解していなかった自分が恥ずかしくなりました。
                        奥深いんですね。

                        ワインは、2種類。

e0188023_7455989.jpg

                   白-Chateau de la Prsle
                      TOURAINE 2008
                   ジャン・マリー・ペネ トゥレーヌ 2008
                    (ソーヴィニヨン・ブラン100%)

                 甘い花の香り、きりっとした酸。糖度が低。
                  香りのわりに味わいがすっきりしていて、
                    私の好きなタイプの白でした。

                   赤-Chateau Saint-Michel 2006
                      BORDEAUX SUPERIEUR
                      シャトー・サン・ミシェル 2006
                       ボルドー・シュペリウール 
                    (メルロー75% カベルネフラン 25%)

                     バニラののような甘い香り。
                   チーズを食べた後だったからかな。
                   わりにタンニン系を感じたんだけど、
                     カベソが入ってないのよね。

                    マリアージュとしては、白とカンタル、
                     赤とバノンがいい感じでした。

                  でも、チーズとのマリアージュだけなので、
                     量がむっちゃ少ないのが残念。



                     そのあと、祝賀会に参加。

e0188023_884990.jpg

                   ロイヤルホテルでの立食パーティで、
               ビールと日本酒だけで、ワインがないのがさみしい。
                   ちょっと日本酒を飲みたかったけど、
                  チャンポンはまずいでしょっていうことで、
                  ビールで我慢。(泡系は苦手だけど…。)

e0188023_894973.jpg

e0188023_8101194.jpg

             お料理は、鴨やカルパッチョやローストビーフをチョイス。
                  やっぱりワインが欲しいメニューだよな。

                     帰りに、カプチーノを飲んで、
                    今日はおとなしく帰ったのでした。
[PR]
by moonwheat2 | 2009-11-28 23:43 | ちーず

かあ様ごはん

                    一週間ぶりのご無沙汰です。
                        今日も純和食。

e0188023_8323827.jpg

                FLBURS DE ROCHE VIN DE TABLE
                         FRANCE

                    とてもデイリーワインなので
                    軽くてクセなく飲みやすい。
                     和食にはいいかも…。


e0188023_8332124.jpg

                    筑前煮とカワハギの焼いたの
                   両方とも大好物なんだけどなぁ。

                 お魚にはレモンをギューっと絞ったけど、
                     ワインが苦くなってしまう。

                   玉子はワインに合うんだろうけど、
                  鰻巻きというのが、今いちだめかも…。

             でも、今日はかあ様がプレゼントをもらっていたのです。
                       超ワインセットでしょ。

e0188023_8353613.jpg

                    生ハムとゴルゴンゾーラ&ゴーダ。

e0188023_8413177.jpg

                   生ハムとチーズを一緒に食べたけど、
                     塩辛くてチーズの味がしない。
                    そのあとにチーズだけ食べたから、
                   ゴルゴンゾーラが、すごく甘く感じた。

                  どうせなら、もう少しおいしいワインで
                  楽しみたかったなぁと残念なのでした。
[PR]
by moonwheat2 | 2009-11-27 22:31 | わいん

おうちごはん

                     昨日のピノに合うかなぁと
                     ブリトロを選んでみました。

e0188023_40561.jpg

                    ブリトロは文句なくおいしい。
               でも、これってワインに合ってないんだろうなぁ。
                      酸が強くなってしまう。
                    わさびをつけてみたけど・・・。

               ちなみに、お刺身にはお醤油はつけません。
               その方が、お魚の甘みを感じられるでしょ。


e0188023_44186.jpg

                      タコも合わせてみたけど、
                  ピノは、生の魚介類には合わないのか。
                 ベビーリーフの方は、いい感じに飲めたけど。


                    オリーブをかじっていたんだけど、
                    酸が柔らかくなって、これはヒット。
                     ポテチもかじっていたんだけど、
                        全然アウトだった。
[PR]
by moonwheat2 | 2009-11-26 20:58 | ごはん

おうちワイン

                 お泊まりのお仕事から帰ってきました。
                二日間の休肝日後、お疲れ様ワインです。

                今日はすっきりしたのが飲みたかったので、
               ちょっと張り切って、ブルゴーニュにしてみました。

e0188023_20533396.jpg

                   Volnay Vieilles Vignes 2004
                 Antoine Chatelet AOC Laboure Roi
                 ヴォルネイ・ヴィエイユ・ヴィーニュ 2004
                  アントワーヌ・シャトレ AOC ヴォルネイ

                    香りは、皮のような、樽香のような。
                    色は透明感のある濃いルージュ。
                    果実味という感じはなかったけれど、
                きれいな酸というのは、こういうのをいうのかしら。


e0188023_2056634.jpg

                    食事を作る気力がなかったので、
                  生ハムとアボカドとオニオンのサラダ。
                 岩塩とブラックペッパー、ミックスペッパー、
                  レモン汁、オリーブオイルをかけて。

                      酸同士を合わせると、
                    ワインに甘味が出てくるんだ。
                少しずつワインの方程式のようなものが、
                      わかってきた感じ?
[PR]
by moonwheat2 | 2009-11-25 20:52 | わいん

おうちごはん

                      お昼に小腹がすいたので、
                       生春巻きを作りました。

e0188023_16283925.jpg

                  ライスペーパーがバリバリになっていて
                        包むのにひと苦労。

                        粗を隠しながらカット。
                      スイートチリをソーズにして。

                          お昼間ですが、
                     昨日のほんの少しだけ残った
                       ラランドを飲んでみました。

                       生ハムとベビーリーフで、
                    渋味が効いて、コクが出る感じです。



                      夕食は、水菜のチゲ炊き。

e0188023_16304468.jpg

                    インスタントだしに、桜エビを投入。
                     いち把丸ごと食べちゃいました。
                         ワインにも悪くない。


                     明日からお泊りのお仕事なので、
                       ワインは控えめで終了!
                    帰ってきてからのワインが楽しみだ。
[PR]
by moonwheat2 | 2009-11-22 16:33 | ごはん

おうちワイン

e0188023_8412180.jpg

                    CHATEAU LA LANDE 2005
                      FRANCE BORDREAUX
                       シャトー ラランド 2005
                        フランス ボルドー
          (メルロー60% カベルネソーヴィニヨン30% カベルネフラン10%)
                       2009 バリューボルドー

                       透明感があってきれい。
                    ボルドーのイメージとは違うなぁ。
              やさしい味で、メルローのやわらかさが出てるのかな。
                      酸やタンニンも強すぎない。
                     アフターが短いので飲み飽きず、
                     いろいろな料理に合わせやすそう。


                       牡蠣の生ハム巻きフライ
                        先日のリベンジです。

e0188023_8434948.jpg

           小さめの牡蠣を生ハムですっぽり包んだ方がいいみたいだけど、
                  牡蠣が大きくて、なかなか包めません。
              アンチョビも、風味が感じられるくらいにちょっぴり。

                     パン粉を二度付けしたほうが、
                  ボリュームが出て、揚げやすくなりました。
                   アンチョビもかすかな風味が感じられて、
                       ちょうどよかったかも…。

             牡蠣が大きい分、生ハムの塩加減も気にならなくなりました。
                    ワインは、渋さが引き立ってくる。
                そのままのまろやかな方がおいしく感じたので、
             もう少しタンニン分の強いワインの方が美味しいのかも…。

                 添え野菜は、カリフラワーのアンチョビソース
                 ソースを控えめにしたので、味も控えめです。
                牡蠣フライが塩味強いし、バランスがいいかも。

                       牡蠣の量が多かったので、
                    普通のカキフライも作ってみました。
                        自分の好みとしては、
                    シンプル方が、やさしく甘みがって
                    おいしく感じることができたのでした。

e0188023_84674.jpg

[PR]
by moonwheat2 | 2009-11-21 20:40 | わいん

水炊き

                    今日は(も?)お鍋、水炊きです。

e0188023_7285186.jpg

                    昨日、ひとりで飲んでいたため、
                  マッキノンズが半分以上残ってしまった。
                      今日も続きを飲みます。

                      昨日も感じたんだけど、
                      和食には(特に鍋などは)
                      白の方が…と思ってたけど、
                   甘めの赤というのも合う気がします。

                     淡白なスープの味と合わせると、
                      さらに甘みが増すような。

e0188023_7301764.jpg

                        赤こんにゃくの煮物
                          柚子大根

                        箸が止まらないです。
                   昔ならお茶と一緒に食べていたけれど、
                         今はワインです。

                   甘めのワインと和食、これは発見かな。


                    お家に帰って、何か飲み足りない…。
                    明日はお休みだから「飲んじゃえ!」と、
                     Nicotの残りを飲んで満足満足。
[PR]
by moonwheat2 | 2009-11-20 21:22 | ごはん

かあ様ごはん

e0188023_6285140.jpg

                    McKINNON'S SHIRAZ 2007
                          AUSTRALIA
                     マッキノンズ シラーズ 2007
                          オーストラリア

                     濃いベリー系、スパイシーな香り。
                     味は、酸味は少なく、甘みを感じる。
                      タンニン分もあるけれど強くなく、
                         飲みやすい印象。


                           生春巻き。

e0188023_6255618.jpg

                     エビ、きゅうりレタス、春雨を巻いて
                    スイートチリソースをつけて食べました。
                 ソースが甘いので、ワインの渋味が出てきました。
                タンニン分を強くなかったので、ちょうどいい感じかな。


                          大根の煮物

e0188023_627514.jpg

                      子供の頃これが苦手でね。
                大人になると好物に変わった不思議な食べ物。
                 だし醤油ベースなのでどうかな?と思ったけど、
                     このワインには合ってるみたい。
                    甘みが一段と引き立ってきました。


                         お野菜いため。

e0188023_628967.jpg

               豚肉と白菜、ニンジン、アスパラ、もやし、春雨。
                     中華味ベースのいためもの。
                  どっちかというと、これは合わないかな。
[PR]
by moonwheat2 | 2009-11-19 21:24 | わいん

おうちワイン


e0188023_5574237.jpg

                      Chateau Nico 2005
                      FRANCE BORDEAUX
                       シャトー ニコ 2005
                         フランス ボルドー

                     バニラ、濃いベリー系の香り。
                   味は、タンニンの中に酸味を感じる。
                       お肉系に合いそうです。


                     生ハムで巻いたカキフライ。
                   おいしそうじゃない…と試してみた。

e0188023_601732.jpg

                   アンチョビも巻いてあるんだけど、
                  アンチョビも生ハムも塩辛いのよね。
                    バルサミコをソースにしたから、
                   よけい塩辛くて牡蠣の味がしない。

                   一人分だと油ももったいなかったから、
                   焼くようにしたら衣がはげちゃいました。

                     ワインとの相性という前に、
                     料理の再考が必要ですね。


                        牡蛎のサラダ

e0188023_624558.jpg

                   牡蠣に火を入れて、アボガドとトマト、
                      たまねぎで和えました。
                  味は、レモン汁と岩塩とオリーブオイル。

                  ワインの酸味が薄れて、渋みが強くなる。
                こちらはもう少し、コクを出した方がよかったかな。
[PR]
by moonwheat2 | 2009-11-18 21:56 | わいん