<   2010年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ピクルス

               冷蔵庫の食べきれないお野菜をピクルスにしました。

e0188023_5163622.jpg

 まずは、お野菜を干します。かぼちゃは入れたことがなかったんだけど、お店で食べた時美味しかったので、今回薄切りにして入れてみました。玉ねぎは、干すと部屋中が玉ねぎの匂いでいっぱいになるの。

e0188023_5181236.jpg

 お酢と水とお塩を煮たてたものに、ベイリーフと唐辛子、ブラックペッパーを入れたものに、干した野菜を漬けこみました。3日目からが美味しいと教えてもらったので我慢、我慢。
 我慢して3日目。お野菜を干しているので、ピクルス液が薄くならないし、お野菜にしっかり味が染みていています。かぼちゃはパリパリして歯ごたえがいいし、玉ねぎも辛みがまろやかになって美味しく出来上がりました。唐辛子がピリッとしていいアクセントになってます。

e0188023_537846.jpg

 甘酢漬けの時に漬けきれなかった赤カブもピクルス液に漬けました。カブの切り方が厚かったせいか、味が薄くなってしまいました。ピクルスは薄切りにした方が美味しいか…。

e0188023_543431.jpg


 

  にほんブログ村 グルメブログへ  にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
[PR]
by moonwheat2 | 2010-11-30 05:48 | ごはん

豚肉料理

               最近豚肉が“美味しい”と感じるようになってきた。

e0188023_5301936.jpg

 豚バラ肉のスモーク。ロースでスモークした時には、パサパサして美味しくなかったんだけど、脂がのったお肉だと美味しくなるんだね。

e0188023_5473374.jpg

 誰かに、「どこの部位使ったの?」と言われた時、意味がわかんなかったけど・・・。そういえば、鶏肉は皮の脂がいい味だしてたなぁ。

e0188023_5395541.jpg

 ほんとは中華鍋で作りたいんだけど、ちょうどいい大きさの金網が見つからなくて、使わなくなったアルミ鍋とやかん用のお茶濾しの網、小さなフライパンを蓋にして作ってます。美味しいんだけど、しばらくの間お家の中が煙臭くなるのがちょっとね。


e0188023_5475612.jpg

 豚ロースのソテー。赤カブの甘酢漬けの液に朝から漬けて置きました。ほんのりピンクに染まったお肉を焼いて、残った漬け込み液とバルサミコを少々。お野菜は、ピクルスを作った時に出たお野菜のクズ。お肉柔らかーい!!我ながら自我自賛。でも、もう少し焼き目をつけた方が美味しそだな。


e0188023_645071.jpg

 次の日も同じもの。もう少し焼き色をつけて細かくカット。ソースは、昨日と同じものにセミドライトマトのオイル漬けを加えてみました。これもトマトの酸味が美味しくさせてくれます。豚ロース肉って、かたくてパサパサイメージだったけど、作り方次第で変わるものですね。



   にほんブログ村 グルメブログへ  にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
[PR]
by moonwheat2 | 2010-11-29 06:14 | ごはん

トラットリア カヴァリーナ

   職場のため定例会で、Trattoria La Cavallina トラットリア カヴァリーナさんに行きました。

e0188023_7572233.jpg

    お仕事が長引いたり、雨で足元がびっしょりになったりで、なかなか大変なスタートです。

e0188023_7573974.jpg

 みんなが揃うまで、2人で「先に注文しちゃおうか…」とメニューを見上げたんだけど、なんとも個性的な字で、読むのに一苦労。お薦めは・・・と説明してくださるんだけど、それ以外のメニューは解析不能になってるし…。

e0188023_811569.jpg

 それにもめげず、生ハム食べたいといことで、生ハムとブルーチーズと揚げたポレンタの前菜にしました。噂には聞いていたけど、むっちゃ量が多い。ブルーチーズが惜しげもない大きなカットで、うれしいやらビックリしたやら…。

e0188023_853327.jpg

 生ハムとブルーチーズの組み合わせはいい感じね。クルミを一緒にというのも真似したいアイデアかも。でも、ポレンタはいらないなぁ。カリッと焼いたパンで十分な感じ?

e0188023_875178.jpg

     パンも山盛りでてきました。最後はみんな食べきれず、ずいぶん残ってしまいました。

e0188023_891974.jpg

 もうひとかごパンがありました。多過ぎるって!でも、このフォカッチャは、オリーブオイルがすごく効いていて美味しかったぁ。レストランのフォカッチャって、美味しいのに当たったことがないので、うれしい気分。

e0188023_8112050.jpg

 みんな揃ったところで乾杯です。待ってる間に白を飲んでいたけど、すいませんボトルをたのんでしまいました。このくらいの歳の集まりになると(不詳ですが…)「飲み!飲み!」と言ってくれるので、割り勘を気にせず注文できるからうれしい。

e0188023_8143892.jpg

 お薦めのパスタです。クリームソースにトリュフのスライス。目の前でスライスしていただきました。思ったより小皿と思ったけど、トリュフだもんな。生パスタでクリームの淡い味わい。トリュフの味わいがいまいち感じられなかったのはなぜかしら?

e0188023_818493.jpg

 オニカサゴのパターテ。アクアパッツァみたいかな?半身だったけど、身がたっぷり乗っていて、食べ応え十分。あっさりとした仕上げになっています。

e0188023_8232398.jpg

 イトヨリとモンゴイカのセモリナ焼き。そろそろおしゃべりに夢中になって、料理の記憶が薄くなってきています。お肉は食べてないのでわからないけど、全体的にあっさりした味付けになっているので、量があっても案外食べられるのかな?と思いました。が、みんなかなりお腹満足だったようです。

e0188023_8311151.jpg
          
             姉妹店のラットンゾロさんもお家の近くなので、行ってみたいなぁ。



にほんブログ村 グルメブログへ   にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ 
[PR]
by moonwheat2 | 2010-11-28 08:36 | おでかけ

おうちワイン&チーズ

 休肝しなくてはと思いつつ、日々のストレスに勝てず、ついつい手が伸びてしまうワイン。でも、ワインを選んでいる余裕はなく、セラーの中に眠っているワインが1本ずつ無くなっていくのです…。

e0188023_826684.jpg

 シャベル・ド・カロン 2003 カロン・ゼキュールのセカンドワインですね。(マルキ・ド・カロンの方はまだ飲んでない。)前に飲んだ時、すごく美味しいイメージがあったけど、開けたてのせいか、マイブームがピノだったりネッビだったりするせいか、前ほどの印象がなかったの。重すぎないんだけど、果実味と渋みがまじった香りはしかり感じることができました。

e0188023_8321694.jpg

 クロズリー・デ・アリズィエ  コート・ド・ボーヌ・ヴィラージュ 2002 これはすごく美味しかったですね。熟成感があるけど、酸も残っていてリーズナブルな分、普段飲みにはちょうどいい感じがしました。もう少し買っておこうかな…。


 今久しぶりに、チーズがマイブームに復活してきました。モンドール以来、冷蔵庫の中はチーズでいっぱいです。(食べきれないかもしれない…。)

e0188023_8391018.jpg

 2大熟成師ロドルフ・ムニエ氏(左)と、フィリップ・アレオス氏(右)のコンテを贅沢にも食べ比べてみました。

e0188023_8434258.jpg

 R・ムニエ氏(右)のは、味も色も淡白なんだけどミルクの風味が生きていて味わい深い。私の大好きなボーフォールに近い印象があります。そういえば、昔コンテが苦手であまり食べなかった頃、R・ムニエ氏のコンテを食べて感動してから、美味しく食べられるようになった憶えがあります。
 F・アレオス氏(中)のは、黄色みがかっていて、ホクホクとした香ばしさがあるコンテです。よく、栗のようなとか、ナッツのようなと例えられるその印象通りの美味しさがありました。
 それぞれおいしいんだけど、食べ比べてみると、コクの深さでF・アレオス氏の方が印象深く残るかもしれませんね。
 アボンダンス(左)も一緒に並んでもらいました。見た目にもわかるけど、食べてみると歴然とした違いがあるのに驚き。コンテと違い、ムチッとした食感とやさしい甘みがあります。
 普段単独で食べていると、ハードチーズの細かな違いってわかりにくいけど、こうしてみると、はっきりわかるところは面白いなぁと思いました。さて、まだ他にも種類はいっぱいある…。いつ食べきれるんだろう…?



   にほんブログ村 グルメブログへ  にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
[PR]
by moonwheat2 | 2010-11-27 09:01 | わいん&ちーず

おうちごはん

 「ストウブって、和食もできるのよね。」当たり前のことに、今更気づいた今日この頃。早速「大根を炊いてみましょ!」と、翌日の夕食のためににコトコト…。

e0188023_5581923.jpg

 和食って作り慣れないから、上手くできないわぁ。おしょうゆベースっていうのも、難しいもんです。

e0188023_620018.jpg

 油揚げ入れるとか、卵を入れるとか、見た目も考えた方がよかったかな。(それじゃ、おでんかポトフになっちゃいますか。)

e0188023_612869.jpg

 これは朝用のかぼちゃのスープ。本当は別のものを作るつもりだったけど、ほったらかしなっていたので、急きょスープに変身しました。お家で簡単に作れるから、レストランでかぼちゃのスープを見ると、損した気分になるんだよねぇ。

e0188023_645834.jpg

 久しぶりに、和食の家ランチです。白米苦手っ子な私は、玄米に黒米・雑穀を入れて炊きます。そうそう、今回は本屋さんで、水加減と火加減と炊く時間を立ち読みチェックして、ストウブで炊いてみました。
 脇につけた目玉焼きは、同僚にもらったトリュフ塩をかけてみたけど、???って感じでした。この間食べたチーズに入ったトリュフは、強烈な印象があったけど…。
 そうそう、おみそ汁もあまり得意ではないけど、赤みそは好きなんだよね。三日月はうすでお客様が来た時は、必ずというほど赤みそを入れたお鍋だったし。京都の赤だしも好きだけど、名古屋系のこの味付けにならされたのかもしれないな。



   にほんブログ村 グルメブログへ  にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
[PR]
by moonwheat2 | 2010-11-26 06:21 | ごはん

赤カブの甘酢漬け

 久しぶりの更新になってしまいました。お元気ですか?更新していないため、BLOG用に撮った写真はたまるいっぽうなのですが…。
 さて、たまった写真の中から、今回は赤カブのお漬物です。マーケットをふらっと歩いていると、見切り品の中に赤カブがたくさん置いてありました。珍しさもあり、お漬物にしてみようという気になってたくさん買いました。ほんとたくさん。

e0188023_518724.jpg

   皮をむかず、いちょう切りにし、半日ほど干して、半分を根昆布と甘酢に漬けてみました。

e0188023_5185735.jpg

       最初は、赤白がはっきり分かれていたカブも、一日たつと全体が真っ赤に。

e0188023_5193882.jpg

     三日も立つと、染料のような液とややオレンジがかった赤いカブに姿を変えました。

e0188023_520060.jpg

 少し酸っぱかったかな。でも、私にはちょうどいいくらい。食べだすと止まらなくなるお茶受け(ワインかな?)になりました。


   にほんブログ村 グルメブログへ  にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
[PR]
by moonwheat2 | 2010-11-25 05:21 | ごはん

チーズセミナー

       Violaで開かれた、もう8回になるんですね。チーズセミナーに参加しました。

e0188023_1838344.jpg

 講師は、お馴染の和泉夕加里さん。最近は、イタリアを意識したものが多かったけど、今回のテーマは、”世界のチーズを食べよう!” 世界のいろいろな地域のバリエーション豊かなチーズを紹介していただきました。

e0188023_18394359.jpg

 前回はアクシデントがあり、ギリギリの到着だったけど、今回は余裕があったかな。到着した頃には、マスター石井氏と打ち合わせをされていました。

e0188023_1841424.jpg

      今回は、9つに仕切られたトレイ。ひとこまごと、各国のチーズが入っています。

 1.フェタ(ギリシャ)羊乳・山羊乳製・フレッシュタイプ
   いつもは、オリーブオイルに漬かったものしか食べたことがないので、それほど
  感じないけど、非熟成タイプなので、パサッとした食感です。
 2.トリフリン(イタリア)牛乳・山羊混合・ハードタイプ
   口に含むと、ブワァっとトリュフの香り。絶対、赤に合うってわかる。
 3.モンドール(フランス)牛乳製・ウォッシュタイプ(スプーン)
   今が旬です。フェルミエのウォッシュは、とろっと熟成していて美味しいですね。
  もみの木の樹皮の香りが、モンドールの特徴でしょうか。
 4.テット・ド・モアンヌ(スイス)牛乳製・ハードタイプ
   先日、ネーゼさんでもリクエストしたくらい好きなチーズです。ミルクの風味が感じられて、
  柔らかな味がお気に入りです。
 5.サンシモン(スペイン)牛乳・セミハード
   とんがり帽子のような形をしたスモークされたチーズ。香ばしい感じが、コーヒー牛乳の
  フレーバーを感じさせます。
 6.ババリアブルー(ドイツ)牛乳製・軟質チーズ
   白カビと青カビが合体したチーズ。カンボゾーラの方が馴染みがある名前かな。
  どちらかといえば白が勝っているので、ブルー嫌いな方にも食べやすいかも。
  (石井氏は絶賛してましたが…。)
 7.シメイ・ア・ラ・ビエール(ベルギー)牛乳・ウオッシュタイプ 
   修道院製。北方の方ではブドウが育たないため、ビールが作られているので、ウォッシュ
  といってもビールで洗ってあるらしい。もちもちした食感。
 8.ゴーダ5年熟成(オランダ)牛乳製・ハードタイプ
   ミモレットのようですね。ごめんなさい。印象が…ない。
 9.イェトスト(ノルウエー)山羊・ホエーチーズ
   山羊さんは苦手なんだけど、甘いキャラメルのような味わい。赤ワインによく合いました。
10.スティルトン(イギリス)牛乳製・青カビタイプ
   今回はポルト酒で練ったものを用意していただきました。が、スティルトンは結構
  好きなので、そのまんまの方が美味しく感じたのですが…。
11.ペッパージャック(アメリカ)牛乳製・セミハードタイプ
   唐辛子が入っていてかなり辛い。アボガドで合わせられるつもりだったけど、状態が
  悪かったので、チーズだけになりました。(セミナー終了後、アボガドのきれいなところ
  をよっていただきましたが…。ピザやサンドイッチなどに使う方がいいと思いました。)
12.さけるチーズ(日本)牛乳・フレッシュタイプ
   モッツアレラの製法、パスタ・フィラータをヒントに、裂けるチーズがつくられたらしい
  のですが、ごめんなさい、私の口には合いません。

e0188023_19525112.jpg

 テッド・ド・モアンヌといえば、ジロールが登場です。今回は、体験をさせていただくことができました。ふわふわっとした花びらにするのは難しいものですね。

e0188023_2095653.jpg



e0188023_19553010.jpg

                 さて、ワインはマスター石井氏のチョイスです。

e0188023_19585134.jpg

 前にお邪魔した時、リグーリアのノヴェッロを仕入れるとおっしゃっていました。が、さすがです。むっちゃ美味しい。シトラスの香りとキリッとした飲み口。お隣のNさんと、誉めちぎってしまいました。個人的には、フェタとのの相性がとってもよくて、小売してくれるなら、買って帰りたいくらい美味しかった。

e0188023_2043753.jpg

 赤はカベソらしいですが、白の印象が強すぎて…。イタリア=カベソという感覚がないせいかもしれないね。

e0188023_2083034.jpg
   


にほんブログ村 グルメブログへ   にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ 

セミナー終了後
[PR]
by moonwheat2 | 2010-11-20 19:50 | おでかけ

ワイン会

             イタリアワインバーROTHKOさんのワイン会に参加しました。

e0188023_559317.jpg

 初参加でちょっと緊張したけど、フレンドリーな感じで安心しました。今日はカジュアルなワイン会ということなので、なんとかつていけるのかな…。

e0188023_624692.jpg

 サイドメニューも充実していて驚き。モンドールにゴルゴンゾーラ、ハムやブルスケッタまであって、ワインをマジ飲みしてしまいそうですね。

e0188023_65285.jpg

                    コルヴォ・グリチネ 2009  シチリア
 甘い華やかな香り。味は、酸を感じるけど果実味もしっかり感じる。私の好きなリースリングを感じさせるような味わい。キリッと冷やした感がいいですね。

e0188023_654382.jpg

                        レ・グランチェ 2006
 3種の品種がまじった白ってあまり飲んだことがない。深い色をしているけど、先のが甘やかだったからかドライに感じてしまう。

e0188023_66259.jpg

            ロザート・ロッセーゼ・ディドルチェアクア 2008  リグールア
 イタリアのロゼって比較的赤に近いような色と味わいがあるね。甘すぎず渋すぎす、とても飲みやすいワインです。

e0188023_661858.jpg

            “ヨーリオ”モンテプルチアーノ・ダブルッツオ 2007 マルケ
 “神の雫”を読んで、飲んでみたことがある。でも、その時の感想とそう変わらないかな。モンテプルチアーノていったら、舌が紫になるくらい重いイメージがあるんだけど、そこまではないだけ洗練されているのかな。でも、私にには、特にインパクトを感じないワインですね。

e0188023_6422023.jpg
                 バルベーラ“ラ・ロヴェレ” 2007 ピエモンテ
 ピエモンテ好きな私には、とっても美味しくいただけました。参加されていたみなさんも気にいられていたような。香りが華やかで、味わいは酸を感じつつ、軽いタンニン分もある。バランスがとれているというんでしょうか。ゆっくり楽しにみたい品種ですね。

e0188023_664842.jpg

                       グレカーレ シチリア
 デザートワインはよくわからなくって、ごめんなさい。ジュースが飲めない人だから…。味わううんぬんの前に甘さが勝ってしまって、お口が抵抗してしまうのです。

 お店によってワイン会の様子って違うものですね。テイスティング素人の私には、ワインを上手く表現できませんが、とっても楽しませていただきました。次回は、レストランでのワイン会にお邪魔するので、とっても楽しみにしています。



にほんブログ村 グルメブログへ   にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ 
[PR]
by moonwheat2 | 2010-11-17 06:44 | おでかけ

京都ネーゼ

            かあ様の誕生日お祝いに、京都ネーゼさんにうかがいました。

e0188023_6191270.jpg

 予約ををしたとき、カウンター席が空いていますと案内されて、慣れていないお店でちょっと緊張してたんだけど、気さくに話してくださって、とっても楽しかった。

e0188023_6204635.jpg

 まずは、泡でお誕生日おめでとう。「いくつになった?」「もういややわ。○○よ。」って。それだけ私も年をとったってことか…。

e0188023_6242988.jpg

 お料理は、かあ様の好きそうなものをいくつか選んでみました。ヤガラとクエのカルパッチョ。ヤガラがすごく甘くておいしいの。生のお魚がこんなに甘く感じたのってはじめてかな。

e0188023_628179.jpg

       バーニャカウダ。いろいろなお野菜がきれいに盛られているのが好きなんだぁ。

e0188023_6295144.jpg

 オイリーなソースで。ほんとはつけて食べるもんなんだろうけど、品なくお皿の上にかけていただきました。

e0188023_6305731.jpg

 ソースがもったいないので、吉田さんのパン。吉田さんのパンを食べる機会が多くなった。お会いして作り方をおしえてもらいたいなぁ。

e0188023_632382.jpg

 私は北の方がよくって、かあ様は甘い系の方が好きなので、ドルチェット・ダルバを選んでもらいました。

e0188023_6342775.jpg

 果実味がいっぱいの甘い香りなんだけど、飲んでみると甘さはさほど感じず、酸がきれいに感じらました。美味しかったのか、かあ様の飲みっぷりに、お店の方も私もちょっと驚いた。

e0188023_6481719.jpg

 ワインを飲むのに、なにかつまめるものがほしいと、チーズと生ハムを注文。メニューに、テッド・ド・モアンヌがあることに気がついて喜んでいたら、チョイスしてくださった。花びらにして食べるの初めて。ひらひらした皮の部分がふわふわして感動。白カビは、カマンベールっぽい。真ん中のブルーは、聞いたことがない??コって言ってた。クセがあるチーズで、ちょっと苦手かな。

e0188023_653263.jpg

 生ハムも3種類、それそれ味わいが違っておいしいの。なかでも、右側のほんのりとした味の生ハムがよかったな。

e0188023_6415238.jpg

 かあ様変な注文を出して、マスターを困らせてました。ペペロンチーノやアーリオ・オリーオ系が食べたかったようなんだけど、「辛みをひかえて。」だの、「ニンニクの香りが明日に残るからひかえて。」だの。「それじゃ、味がありませんよ。」と言われて、結局はトマトベースになりました。手打ち麺のコシがあって、ソースとよくからんで美味しかったです。

e0188023_6552295.jpg

 「サラダが食べたい!」ということで、グリーンサラダを注文。トッピングをしてくださるそうで、パルミジャーノと黒いちじくをのせてもらいました。最近、生のイチジクを食べることが多いな。黒い方が甘みが強くて美味しく感じました。

e0188023_6581975.jpg

 最後に、お誕生日ということで、プレートを用意していただきました。かあ様に喜んでもらえたので、ネーゼさんに来たかいがありました。シェフに写真を撮ってもらったり、メニューに注文をつけたり、いろいろ気を使っていただいてありがとうございました。



にほんブログ村 グルメブログへ   にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ 
[PR]
by moonwheat2 | 2010-11-16 07:08 | おでかけ

IRO

       お仕事の後の定例会です。今回は、Kさん幹事のIROという居酒屋さんです。

e0188023_738528.jpg

 町屋を改装したような居酒屋さん。この辺りってチェーン店ぽくなくて、ゆったりした空間で、美味しいよく似た感じのお店が多いね。居酒屋さんて、自分では選ばないお店なので、お店のつくりやメニューがとっても面白い。

          まずは、生ビールと枝豆で乾杯した後、お料理のオーダーです。

e0188023_7415774.jpg

             突き出しの胡麻豆腐。あっさりとした癖のない味です。

e0188023_7434067.jpg

             エイヒレ。とっても久しぶり。ビールにはよく合いますね。

e0188023_7441381.jpg

                      グリーンサラダ。

e0188023_7443968.jpg

     お刺身。新鮮でとってもおいしい。お店の良し悪しは、お刺身で判断できるんだって。

 みんなは、焼酎や梅酒に変更。「ワイン、ボトルで頼んだら?」って言われたけど、1本は飲めない。明日も仕事だから、今日はグラスにしておきます。

e0188023_745323.jpg

     豚キムチの春巻き。春巻きって面倒な気がするけど、こうすれば簡単にできるんだね。

e0188023_7453589.jpg

              スルメの天ぷら。これも久しぶり。私、目がないです。

e0188023_746039.jpg

                      砂肝のガーリック炒め。

e0188023_746453.jpg

                         カキフライ。

e0188023_747759.jpg

                          ぎんなん。

e0188023_747389.jpg

                         里芋の揚げ物?

 全部並べてみると、居酒屋さんだけあって、ビールや焼酎に合うようなものが多かったね。次回のお店も楽しみ。





にほんブログ村 グルメブログへ   にほんブログ村 グルメブログ レストラン・料理店へ 
[PR]
by moonwheat2 | 2010-11-13 08:02 | おでかけ